『すべてがFになる』のアニメやドラマはHulu・U-NEXT・Netflixどれで配信してる?

「すべてがFになる」は森博嗣のミステリー小説が原作で、アニメやドラマ化されています。

サイエンス要素を含んだミステリー作品「すべてがFになる」のアニメとドラマがHulu・U-NEXT・Netflix・auビデオパス・FODのどれで配信されているか比較して紹介します。

すべてがFになるはどれで配信してる?

すべてがFになるはどれで配信してる?

「すべてがFになる」のアニメと映画を見れる動画配信サービスは以下の通りです。

アニメ ドラマ
U-NEXT × ×
Hulu × ×
Netflix ×
auビデオパス ×
FOD(フジテレビオンデマンド)

すべてがFになるのアニメとドラマ両方が見れるのはFODです。(※2017年12月4日現在の情報です。)

FODは月額料金が888円とかなり安いので是非試してみてください!

FODの公式サイトはこちら!

FODでは他にもドラマが多く配信されていて「息もできない夏」「民衆の敵」「GOLD」「貴族探偵」「花にけだもの」「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」「コード・ブルー」「明日の約束」「僕たちがやりました」などがあります。

アニメや映画も多くあり「ドラゴンボール超」「ヨスガノソラ」「東京喰種」「宝石の国」「バッテリー」「山田くんと七人の魔女」「君の名は。」「オデッセイ」「海よりもまだ深く」「帝一の國」「ひるなかの流星」などが配信されています。

すべてがFになるのあらすじ・内容

武井咲演じる西之園萌絵(にしのその もえ)は非常に裕福な名家で育った建築学科の大学3年生です。

両親を飛行機事故で亡くしていますが、神奈川県警本部長の叔父が保護者として萌絵を見守っています。

親類の人脈を使って様々な場所に行くことや人と会うことができますが、そのせいで沢山の事件に巻き込まれていきます。

ある日、萌絵は人脈を使って早見あかり演じる真賀田四季(まかだ しき)という最も神に近いと言われる天才プログラマーとモニター越しに面会することができました。

四季は謎が多い人物で、15年前に自分の両親を殺害してからは離島にある真賀田研究所の中で一切人に会わず生活しています。

会話の中で四季は萌絵のことを何でも知っているかのように言い当てていき、最後にまた再会できるかと萌絵が聞くと「すべてがFになったら」と答えます。

綾野剛演じる犀川創平(さいかわ そうへい)は大学の准教授をしており、萌絵の父親の教え子でもあるので萌絵のことを小さい頃から知っています。

萌絵を心配しているので、萌絵に振り回されながらもついていき事件に一緒に巻き込まれていきます。

萌絵と犀川がどう事件を解決していくのか、すべてがFになるとはどういうことなのか?というところが見所です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする