ドラマ『お迎えデス。』はHulu・U-NEXT・Netflixどれで配信してる?

ドラマ「お迎えデス。」は漫画が原作で福士蒼汰や土屋太鳳などが出演しています。

幽霊をあの世に送る仕事を描いたドラマ「お迎えデス。」がHulu・U-NEXT・Netflix・auビデオパス・TSUTAYAディスカスのどれで配信されているか比較して紹介します。

お迎えデス。はどれで配信してる?

お迎えデス。はどれで配信してる?

ドラマ「お迎えデス。」を見れる動画配信サービスは以下の通りです。

U-NEXT×
Hulu
Netflix×
auビデオパス
TSUTAYAディスカス

お迎えデス。はU-NEXTとNetflixでは配信されていませんが、Huluやauビデオパス、TSUTAYAディスカスでは配信されています。(※2018年1月3日現在の情報です。)

TSUTAYAディスカスは現在30日間の無料お試しキャンペーンがあるので、まだ試していない方にオススメです。

TSUTAYAディスカスの30日間無料トライアルはこちら

TSUTAYAディスカスには「ネットで動画見放題+DVDレンタルし放題」がセットになったお得なプランがあります。

最新の映画も多くあり「スパイダーマン:ホームカミング」「劇場版 お前はまだグンマを知らない」「ダンケルク」「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」「君の名は。」「こどもつかい」「追憶」「ラ・ラ・ランド」などがあります。

お迎えデス。のあらすじ・内容

堤円(福士蒼汰)はある日、高校時代の同級生が亡くなってしまったことを聞き、通夜に行きます。

通夜が終わり帰っていると、ウサギの着ぐるみを着ている死神・ナベシマ(鈴木亮平)が初老の男を追いかけているのを見かけます。

すると、ナベシマが円に話し掛けてきて、円には霊が見えることや特異体質であることにナベシマは気付きます。

そして、ナベシマはそんなに霊や死神が見えるのならこの仕事を手伝ってくれと円に頼んできます。

その仕事とは、未練を残しているためにこの世界に居続ける霊を救済して成仏してあげるというものでした。

その後、同じ大学に通っていて円と同じ体質を持っている阿熊幸(土屋太鳳)とコンビを組んでいきます。

円は霊を救済するために自分の身体に憑依させることで、この世界にいる人と繋がっていきます。

娘と喧嘩をしたまま亡くなったため成仏できない霊や自分の教え子が気になって成仏できない先生の霊など、様々な事情を抱えた霊を次々と成仏させていきます。

毎回仕事を持ってくるナベシマの過去や、毎回豪華な俳優陣が成仏できない霊として登場するところが見所です。