『嫌な女』のドラマと映画はHulu・U-NEXT・Netflixどれで配信してる?

「嫌な女」は桂望実の小説が原作で、ドラマや映画化されています。

女性の奇妙なタッグを描いた作品「嫌な女」のドラマと映画がHulu・U-NEXT・Netflix・auビデオパス・TSUTAYAディスカスのどれで配信されているか比較して紹介します。

嫌な女はどれで配信してる?

嫌な女はどれで配信してる?

「嫌な女」のドラマと映画を見れる動画配信サービスは以下の通りです。

ドラマ 映画
U-NEXT
Hulu × ×
Netflix × ×
auビデオパス ×
TSUTAYAディスカス ×

嫌な女のドラマと映画はU-NEXTで配信されています。(※2018年3月5日現在の情報です。)

U-NEXTは現在31日間の無料お試しキャンペーンがあるので、まだ試していない方におすすめです。

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

U-NEXTでは他にも映画が多く配信されていて「あしたは最高のはじまり」「キング・オブ・エジプト」「君の名は。」「凶悪」「兄に愛されすぎて困ってます」「ちはやふる」「スター・ウォーズ」「君の膵臓をたべたい」などがあります。

アニメも多く配信されていて「ハンターハンター」「ポプテピピック」「東京喰種トーキョーグール」「ドラゴンボール超」「蟲師」「ダイヤのA」「新世紀エヴァンゲリオン」「ブラッククローバー」「七つの大罪 戒めの復活」「BORUTO」などが配信されています。

嫌な女(ドラマ版)のあらすじ・内容

石田徹子(黒木瞳)はずっとメガバンクで働いてきましたが、法曹界に興味を持ち、37歳で新人の弁護士になりました。

ある日、法律事務所で働き始めた徹子の元に、幼い頃に一度会ったことがある遠い親戚の小谷夏子(鈴木保奈美)から電話が掛かってきます。

夏子は婚約者だった男性・西岡章男(山中崇)とトラブルになったから解決して欲しいと言ってきます。

依頼を引き受けた徹子が西岡に会いに行くと、夏子から突然婚約を解消されたから慰謝料として500万円を支払えと言ってきました。

それから西岡の情報を集めるために西岡の実家に行ったり、マンションを仲介した不動産屋に話を聞いていきます。

すると、西岡は親の土地を無断で売り、そのお金でマンションを購入していたことが分かります。

西岡と夏子は親に内緒で登記の変更をしており、後に母親にばれて西岡はひどく怒られていました。

しかし、母親にばれていなければマンションの名義は夏子になっていたと不動産屋から聞き、夏子が詐欺師だったことが分かります。

こうして新人弁護士の徹子は、親戚で詐欺師でもある夏子の弁護をしていくことになってしまいます。

夏子に振り回されていく徹子の様子や夏子が隠していることとは何なのかというところが見所です。